【画像あり】長澤まさみのお胸は卑猥な両爆乳だ!!国民的人気女優は世界のおっぱいの中心でエロを叫ぶ!!





親愛なる読者の皆様、どもっ!!!
管理人のにゅーはじ君です。
 
 
人気女優・長澤まさみのお胸は卑猥な両爆乳だ!と、
ネット上で話題です。

 
 
左はF、右もF。。つまり両爆乳!!(ドンッ!)





映画監督が語る「長澤まさみ」故郷に帰りたいと呟いていたことも


映画監督が語る「長澤まさみ」故郷に帰りたいと呟いていたことも
5/4(金) 16:01配信

4月9日にスタートしたフジテレビ系「月9」で、天才的な信用詐欺師を演じる長澤まさみ(30)。変装が得意な役どころそのままに、多彩な表情を見せる女優の素顔を監督や共演者が語る。

『世界の中心で、愛をさけぶ』でヒロインに起用した行定勲監督(49)はこう話す。 

「彼女がヒロインの廣瀬亜紀を演じたときは、まだ16歳で、主演の経験もほとんどなかったと思います。ただ、若いながらも女優として必要な資質や技術はすでに備えている、上手な女優という印象もありました。

劇中では、白血病で弱っていく役だったので、現場の差入れを彼女が口にしないように監視するスタッフがいましたね。

また、抗ガン剤で髪が抜け落ちてしまう場面があって、坊主頭になる必要がありました。カツラやCGという選択肢もあったかもしれませんが、彼女は自分から頭を剃ることを決意しました。

この作品以来、清純派というイメージの強い彼女ですが、今では大人になり、色でたとえると清純派の白だけでなく黒も演じられるような、ある種の“グレーな存在”といえるような、振り幅の広い女優さんになられたという印象があります」

初主演映画『ロボコン』(2003年)を監督した古厩智之氏(49)の長澤評はこうだ。 

「初めての主演作でした。撮影の合間に見せる笑顔が、まるで『しっぽを振る子犬』のような感じで魅力的だったので、『演技は考えなくていいから、自由に体を動かして』と指導したことを覚えています。

最後はノリノリで、劇中歌の山口百恵『夢先案内人』も彼女が決めたんです(笑)。

当時はデビュー4年め。出身地の静岡県磐田市に『帰りたいな』って呟いていたこともありました。その後、行定勲監督の『世界の中心で、愛をさけぶ』での堂々たる演技を見て、僕は“女優・長澤まさみ”が確立したことを確信しました。

のんびり屋さんで、知ったかぶりをしないところに好感を持っています。今、彼女を撮影するなら、悪女とか “えげつない長澤まさみ” を撮ってみたいですね」

最後に映画『タッチ』で共演した斉藤祥太(32)、斉藤慶太(32)はこう話す。

斉藤祥太(以下、祥太)「長澤まさみちゃんの第一印象はショートヘアがとにかくキュートでしたね」

斉藤慶太(以下、慶太)「うん。背が高くてスタイルもよくて、初対面のときからファンみたいに『長澤まさみちゃんだ!』って思ったよね」

祥太「『タッチ』では野球のシーンも思い出に残っているけど、やっぱりキスシーンが印象深いですね。撮影前にしっかり歯磨きした記憶があります」

慶太「僕はおでこへのキスシーンだったので、祥太と比べて当時はちょっと切ない気持ちでした(笑)」

祥太「撮影中のまさみんちゃは、とにかくいつも笑っていたよね」

慶太「まさみちんゃが笑顔で現場にいると、みんな張り切って、いつもの倍以上の力で、野球の練習も頑張っていたような気がする(笑)」

ゆきさだいさお 1968年生まれ 熊本県出身 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)で長澤まさみをヒロインに起用。最新作に『リバーズ・エッジ』(2018年)がある

ふるまやともゆき
1968年生まれ 長野県出身 1992年、『灼熱のドッジボール』でPFFグランプリ。4月、沖縄国際映画祭で宮川大輔主演『サクらんぼの恋』が公開

さいとうしょうた、けいた 1985年生まれの双子。長澤と映画『タッチ』(2005年)で共演。『スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団』(2010年)で世界デビュー

(週刊FLASH 2018年4月17日号)


女優・長澤まさみのプロフィール


 
 
【名前】:長澤まさみ(ながさわ・まさみ)

【愛称】:がっさーわー

【年齢】:30歳

【生年月日】:1987年6月3日

【出身】:静岡県磐田市

【身長】:168㎝

【血液型】:A型

【カップ】:Fカップ(推定)

【職業】:女優

【事務所】:東宝芸能

【学歴】:堀越高等学校





女優・長澤まさみが『フジ』を救う! “ノーブラFカップ”爆乳予告映像(月9)の衝撃


えっ、長澤まさみ(30)が、フジを救う? 有り体に言えば“ノーブラFカップ巨乳”で、視聴率をもぎ取るのだとか…。長澤がフジテレビ系連ドラ「月9」救済のためにひと肌もふた肌も脱ぐというのだ。

「低迷続きで廃止説が強まっていた月9ですが、現在放送している芳根京子主演『海月姫』も2月26日放送の第7話で、ついに視聴率4.9%と壊滅的水域に突入しました。4月スタートの『コンフィデンスマンJP』が平均15%以上をとらなければ月9打ち切り、という方針がフジ幹部の間で固まりつつあるのです。つまり、命運は長澤の“両爆乳”に懸かっているというわけです」(芸能記者)

危機的状況の中、2月19日に、30秒程度の予告編特報映像をウェブに公開。やはり、視聴者を“エロ釘付け”にして数字を奪いにいくことが判明したのだ。

「長澤が女詐欺師を演じ、秘書やキャビンアテンダント、海外大物女優などに扮して悪い人から大金をだまし取る物語。七変化のコスプレが見どころですが、特報映像を見る限り、“爆乳攻勢”は想像以上になりそうです。キャビンアテンダント姿の際は乳房を揺らしまくり、和服の際はポロリ寸前まで右肩を悩殺露出。さらに海外女優に扮したドレス姿の際は、ノースリーブの胸元からFカップがこぼれそうになる。ほかにも札束を抱えて飛び跳ねまくり、ボインが激揺れするシーンもあった。とにかく爆乳をフル活用した“ブルンブルン”で引きつける作戦でしょう」(同)

さらなる秘策も用意しているというから、興奮もの。
「スタッフに“撮影中はノーブラでやりますよ。もしポッチが浮き出たら、逆に話題になるじゃないですか”とプロ意識をのぞかせており、月9を“ノーブラFカップ救済”する気満々なのです」(フジ関係者)

露出だけではない。“狂気の長澤”も、ひさびさに見せるようだ。昨年7月公開された、米ブランド『アンダーアーマー』のウェブCMで、頭を振りまくって踊る衝撃演技を披露し話題騒然となったが、あのクレージーぶりをドラマでも解禁するというのだ。

「予告特報映像でも、やたらとハイテンションで躍動するシーンが流れていました。Fカップ攻撃同様、何かに取り憑かれたように踊りまくる演技も見せてくれそうですね」(スポーツ紙記者)

長澤は昨年12月、同作品の主演決定が発表された際、メディアに向け「今を頑張らなくして、この先はない、という覚悟で挑みます」と、まるで戦場に行くような悲愴な決意をコメントしていたほど。

「これは、視聴率をとるためには何でもする、という意思表示にほかならない。とにかく、数字のためならおっぱい露出さえ辞さない意気込みです」(同)

序盤での爆乳攻勢がイマイチなら、過激濡れ場シーンぶっこみも構想にあるという。なるほど、これは観ないという選択はない。

大島優子乳首出しヌードw
余裕
やはり実話だったわ
また妄想記事か
余裕でした
Fもないな
わかっちゃいるけど見てしまう。
お前らは馬鹿にしてるけどこの人って年齢の割にかなり綺麗だよな?
何歳なの?
30歳

ありがとうございます!!
おれは何度こいつに騙されるんだろう
そろそろ訴えられるんじゃ
パンチラ

ボインが激揺れとかいつの時代を生きとるんや
長澤まさみ大好きwjn
実話余裕
長澤好きだよね
Fもあるんか?
あとは橋下ナマミのGカップがゲスト出演だな!
韓流みたい。大根東出もいた。すべりそうだな。
30だからお好きにどうぞ
どうせ垂れ乳だろ
萎えるわ

上戸彩の後継者に長澤まさみが決まったようだな
長澤の“両爆乳”

長澤まさみには泣いてもらって、とにかくウジ虫をぶっ潰さないとね
キャバレーというミュージカルだけで長澤の記事を何本も書いたwjn
長澤好きすぎ

これぞ実話
これは実話だ間違いない
両爆乳てなんやねんw
余裕だけど、実話はこんな番組記事も書くのかよ
そっちに驚いた
ボインボイン

なんすかこれ
俺はFカップある
高校生までなら騙せる記事
流石にこれは余裕やな
ノーブラFカップっていい響きの言葉ですね

おまけ

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像①

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像②

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像③

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像④

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑤

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑥

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑦

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑧

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑨

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑩

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑪

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑫

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑬

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑭

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑮

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑯

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑰

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑱

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑲

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像⑳

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像㉑

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像㉒

長澤まさみのお胸が両爆乳だ!画像

 
 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます










他にもこんなエロい記事が読まれています。