【画像あり】瀬尾まなほの大きなお胸がかなり楽しみ!! 瀬戸内寂聴の美人巨乳秘書が誠にエロ過ぎる!!





親愛なる読者の皆様、どもっ!!!
管理人のにゅーはじ君です。
 
 
悟りを開き過ぎて見た目がまるで”大豆”みたいになった尼さん、
瀬戸内寂聴さんの美人巨乳秘書がエロ過ぎる!!とネット上で話題です。

 
 
そう、瀬戸内寂聴さんの美人巨乳秘書である瀬尾まなほさんは、
たいへん大きなお胸の持ち主でございます。
 
 
推定Fカップとも称される
大きなお胸が楽しみで仕方ありません。

 
 
きっとこれは小さい頃に、
少額で設定された金額の中で
遠足で食べるおやつを買いにいく気分です。(←どうゆーこと!?汗





瀬戸内寂聴を支える美人巨乳秘書・瀬尾まなほさん記事に載る


瀬戸内寂聴を支える、おちゃめな29歳秘書。寝起きに下着を見せて「かわいいでしょ?」
2017/11/28(火) 17:29配信

瀬戸内寂聴、95歳。

チャーミングな笑顔の「尼僧」として知られるが、かつては夫の教え子などとの不倫も経験。
女性の愛と性を巧みに描く「作家」としての顔も持つ。

そんな寂聴さんも御年95歳。ここ数年は腰の圧迫骨折、胆のうがん、心臓と足のカテーテル手術を経験。
壮絶な闘病生活は3年近く続いた。

それでも、寂聴さんは死ななかった。
身体が小さく、背中が丸くなっても、創作意欲は衰えない。
そんな寂聴さんを支えるのが、29歳の秘書・瀬尾まなほさんだ。

寂聴さんとは“タメ口“で言いたいことを言い合う間柄。
「まなほがきてから、もう朝からずっと笑いっぱなし」と、寂聴さんは嬉しそうに語る。

66歳の年の差を感じさせない絆は、どのようにして生まれたのか。2人に聞いた。

「文学少女じゃない、それだけで◎だった」

――7年前、秘書になったきっかけは、大学時代に京都のお茶屋さんでアルバイトをしていた友人の紹介だそうですね。

瀬尾まなほ(以下、まなほ):はい。友人から、身の回りのお世話やマネージメントをする秘書の募集があると紹介されました。先生に初めてお会いして、面接してもらった日、その場で採用されました。

――最初お会いになったとき、先生のことどう思いました?

まなほ:すごく緊張はしたんですけど、思ったより小柄で、とてもかわいらしい人だなっていうのが第一印象ですね。実は、名前と尼さんっていうことは知ってたんですけど、小説家だってことは知らなかったんです。

でも、全然怖くもなく、面接のときも気さくでした。打ち解けやすい方だなあと。

――寂聴先生は、まなほさんと初めてお会いになったときどう思いました?

瀬戸内寂聴(以下、寂聴):かわいい人だなと。でも、やっぱりちょっと変わってると思いました。「私の本を読んだことある?」って聞いたら「ない」って。私のこと知らなかったのね、全く(笑)。

でも、大体うちで働きたいって人は、みんな私のことを知った上で来るでしょ?それが全く知らないからね、面白かったですよ。文学少女じゃないって感じで。

文学少女っていうのは、身の回りを頼む秘書としては一番駄目なのよ。お掃除も、料理も下手だし…。文学少女は全部断ったの。申し込みには随分来ましたよ。でも、文学少女じゃないってことだけで◎だったのよ。
 
 
「瀬戸内寂聴に自分のパンティを見せた」

――寂聴先生に文章を見せるなんて、緊張しそうです。美文麗文を書かないといけないっていうプレッシャ―が…。

まなほ:私の場合は、そこまで語彙力がなく、言い回せなかったっていうのあるかもしれない(笑)。

寂聴:そうよね。面接で初めて会った時に「本は読む?」って言ったら「読まない」って言ってたもの(笑)。

しばらくしてね、いろいろな編集者の間で、まなほのことが噂になったんですよ。谷崎潤一郎の『痴人の愛』に出てくるナオミと似てるってね。

それで、私が「あなた、『痴人の愛』のナオミに似てるそうよ」って言ったら、「『痴人の愛』ってなんですか?」って。「谷崎潤一郎ってなんですか?」って。もう全然知らない。

まなほ:この前まで『細雪』のことをずっと「細い雪」だと思っていましたから…(笑)。

――それは…(笑)。

寂聴:ね、笑うでしょ? まなほがきてから、もう朝からずっと笑いっぱなしですよ。

まなほは朝、私がまだベッドの中で寝ている時、部屋の戸を開けて「おはよう」って起こしにきてくれます。それでバッと、肩をつかむんですよね。で、私を起こしたあと、パッと自分のスカートをまくるの。

「あ!」って言ったら、「今日のパンティかわいいでしょ?ほら!」って、花柄の可愛い下着をみせてきた。でもって、「先生のパンツはおへそまである。そんなの、今どき誰も履かないですよ。今度可愛いの買ってあげますね!」なんて言って。

まなほ:昔のことですよ…今は自粛してます(笑)。

――なんでそんなことを…(笑)。

まなほ:先生って、何をやってもすごく楽しそうに笑ってくれるんです。そうすると、もっと笑ってくれるんじゃないか、もっと喜んでくれるんじゃないかと思って…。その一つだったんですよね。

――逆に怒られたりするときってあるんですか?

まなほ:たまにピシッと、怒られることはあります。仕事相手の方との接し方とか。「こういうときにはこうするべきだよ」ってことは、しっかり教えてくださいます。でも、めったに怒られることはないですね。

でも、叩かれたり蹴られたりとか、暴力はすごく増えました(笑)。

――え、先生が暴力振るうんですか?

寂聴:ちょっとつついたりね。体は大きいし口では敵わないんですよ。だから、私の短い足をピッとやってやるの(笑)。

――先生、いいんですか、。仏の道にいるのにそんな暴力振るってしまって…。

まなほ:そのときは作家なんで。うまく使い分けてるんですよね、先生。
(以下、省略)






瀬戸内寂聴の美人巨乳秘書・瀬尾まなほのプロフィール


 
 
【名前】:瀬尾まなほ(せお・まなほ)

【年齢】:1988年2月22日

【生年月日】:30歳

【出身】:兵庫県神戸市

【カップ】:Fカップ(推定)

【職業】:秘書

【学歴】:京都外国語大学英米語学科





瀬戸内寂聴女秘書・瀬尾まなほの大きなお胸がエロ過ぎる

乳でかすぎやろ
無能やな
あいつに秘書なんかおらんやろ
画像


どうみても遺産目当てやんけ
遺産はよ!
正月の番組で見たな
28歳くらいのエロそうな女の子やったわ
いうほどか?
楽しみお乳
これは夜に寂聴にイタズラされてますわ
寂聴ならほっとかんやろ
胡散臭い女やな
馬鹿野郎…ここからが本当のあおぞら説法だ
寂聴さんの全財産を引き継ぐ女と思うと魅力的に見えてくる










旨そうやなwwww
贅沢の限りをつくしてるな
瀬戸内大嫌いだわ
サルみたいな顔のBBA
ブラ線浮くピッタリニットとかも全部計算通りだろ
ええな
山本太郎の別れたサーフィン嫁に似てる
NHK北海道の河野千秋アナに似てる!
秘書のくせに出過ぎだな
加藤茶の嫁とかぶるwww
金かなり貰ってんだろうなこの秘書
この笑顔
絶対に信用できない

 
 
最後までご覧頂き、誠にありがとうございます










他にもこんなエロい記事が読まれています。